MENU

下肢静脈瘤は、放置するとどうなりますか?

認知度が低く、人によっては自覚症状もほとんどない下肢静脈瘤

 

何の病気かわからず放置していたり、血管の病気とは思わず皮膚病の薬をずっと塗っていた・・という人も少なくありません。別状命にかかわらないため、よほど悪化しない限り日常生活に支障が出ることはありません。

 

そのため、どうしても軽視されがちの病気です。

 

下肢静脈瘤は、放置するとどうなるんでしょうか?

 

下肢静脈瘤は静脈の弁が壊れて血流が滞ることによって起こります。壊れた弁は自然に修復されることはなく、静脈瘤も勝手に治ることはありません。

 

放置していると悪化の一途をたどるのが、下肢静脈瘤の特徴です。

 

主な症状としては、

 

  • かゆみを伴う湿疹
  • かゆみを伴う皮膚炎
  • 皮膚の黒ずみなどの色素沈着
  • 潰瘍
  • 血栓性静脈炎

 

などが生じます。

 

血栓性静脈炎とは、静脈瘤が炎症を起こしたもの。赤く固いしこりになり、腫れや強い痛みを伴います。

 

生活に支障はなくても、皮膚がただれたり、潰瘍ができると美容的にも問題ですよね。色素沈着ができてしまうと、治るのにも時間がかかります。

 

最近は手術も日帰りでできる医療機関が多いようです。

 

下肢静脈瘤は早めの治療が肝心です。悩む前にまずは専門医に相談してみましょう。

 

切らない!痛くない!下肢静脈瘤の最新治療はこちら