MENU

下肢静脈瘤を予防するには

下肢静脈瘤ができやすい人はこんな人に多いそうです。

 

長時間立ちっぱなしの人

教師、調理師、美容師などの職業によく見られるとか。

 

長時間座りっぱなしの人

デスクワークなどの職業の人。立ちっぱなしだけでなく、座りっぱなしの人も下肢静脈瘤には要注意です。

 

妊婦さん

妊婦さんのうち20%の人が下肢静脈瘤になるとか。妊娠中のホルモンの関係によります。

 

出産したことがある人

特に出産回数が多いほうが下肢静脈瘤になる可能性が高いようです。

 

また、50歳以上の方、さらに男性よりも女性のほうがなりやすく、女性の割合は全体の7割だそうです。

 

いずれかにあてはまる方は、今から予防を始めましょう。

 

下肢静脈瘤の予防

  • 足の血行をよくするため屈伸運動する
  • 寝る時や座る時にクッションなどで足を心臓より高くする
  • 長時間同じ姿勢を続けず、1時間に1度ぐらいはストレッチなどの運動を取り入れる

いずれも症状を悪化させないための対策です。

 

最も効果があるとされているのは、弾性ストッキングという医療用のストッキングで、ハイソックスやパンストタイプなどの種類があります。

 

足首から太ももまで段階的に圧を変えて、血液の逆流を防ぐ構造になっています。病院で入院患者さんや、手術後に使用されているものと同じものです。

 

足のむくみやだるさの予防にもなるので、普段使いされている方も多いようですよ。

 

弾性ストッキングの相談は専門医へ